メニュー

圧密製品や中大規模木造建築物をご検討のされているなら、後藤木材にお任せください。
後藤木材では、様々な製品や構造をご提案を致します。

058-271-3000
JAS構造材活用拡大宣言
facebook
スタッフブログ

2018.10.18

トレンド・

くさらない木で建てる家 ~ハウスガードシステム~

「ハウスガードシステム」は木材の腐朽、腐れ、シロアリ被害から、半永久的に守ることができる家づくりシステムです。
 
 
ハウスガードシステムで施工した住まいならこんなにいいことがあります。
 
①100年経っても腐らないから、木造本来の構造価値が下がらない。
 
②防腐薬液は、歯磨き粉などの医薬品に使われるもので、人体への安全性がとても高い。
 
③最大で20年長期保証。万が一の腐れやシロアリにも300万円までの損害賠償保障付き。
 


 
ハウスガードシステムでは、土台、大引き、根太、柱、通し柱、間柱、筋交いの基礎に接するすべての構造・羽柄材に、薬液注入された「緑の柱」を使います。
 

さらに、シロアリの侵入経路になりやすい配管部分には、ブルーのコシシーラーとコシコートEVが配管と基礎の隙間を埋め、シロアリの浸入をシャットアウトします。

 「ハウスガードシステム」は、国産無垢材に薬液の加圧注入処理を施した「緑の柱」を住宅の主要構造部材に用いた、新築時の耐震性能を保ち続ける家づくりシステムです。緑の柱は薬液が木材の深部まで浸透しており、非常に高い防腐・防蟻効果を長期間にわたって持続させる木材です。緑の柱の高い防腐・防蟻性は衰えず、たとえ100年経っても木造の耐久性が損なわれることがありません。現状考えられる最高レベルの木材保存の方法です。
 薬液と聞くと、人体に安全なのか?不安になるところですが、使用されている薬液は歯磨き粉などの医薬品にも用いられる「塩化ベンザルコニウム」と調理器具によく用いられる「銅化合物」です。人体にも環境にも負荷をかけないエコプロダクトとして認められています。
 
 住まいの確かな耐久性、安全性の確保のために、「ハウスガードシステム」はとても優れたシステムです。
 
ご興味があるかたは、当社営業もしくは問い合わせフォームへお問い合わせください。

この記事を書いた人 山本友起乃

«

»

GOTOMOKU BLOG カテゴリー

PAGE TOP