メニュー

圧密製品や中大規模木造建築物をご検討をされているなら、後藤木材にお任せください。
後藤木材では、様々な製品や構造をご提案致します。

058-271-3000
JAS構造材活用拡大宣言
facebook
スタッフブログ

2018.10.02

トレンド・

梼原町産の木材をからだで感じる、隈研吾建築が誕生

高知と愛媛の県境、高知県西部の山あいにある梼原町(ゆすはら町)。

梼原町は面積の91%を森林が占め、北部の標高は1,455mにも及び、その地理的条件からみることができる幻想的な景色から「雲の上の町・ゆすはら」と人気の観光スポットです。

この地に、隈健吾建築都市設計事務所、設計による

「ゆすはら雲の上の図書館/YURURIゆすはら」が誕生、2018年5月26日にオープンしました。
 

梼原のスギを使った、この図書館・福祉施設は、

”フロアを人工的な平面と考えずに、一つの連続的な大地としてデザインし、その大地から樹木のような柱が生えている状態” を実現しており、

”まるで森の中の気に入った場所で、自由に本を読んでいるような” 感覚を味わうことができます。
 

当社では、この梼原町産のスギ材を、当社独自の圧密技術で60%まで圧縮、土足にも対応できる硬い床材として納めています。
隈健吾氏の設計により、ゆすはらの美しい景色と、その大地の表現の一部として当社の床が活躍したことを嬉しく感じます。

建築ジャーナル2018年10月号で特集されているので、ぜひお手に取って読んでみてください。

 

この記事を書いた人 山本友起乃

«

»

GOTOMOKU BLOG カテゴリー

PAGE TOP