メニュー

圧密製品や中大規模木造建築物をご検討のされているなら、後藤木材にお任せください。後藤木材では、様々な製品や構造をご提案を致します。

news
スタッフブログ

2017.09.05

トレンド・

表層圧密でつくる国産杉のデッキ

美濃加茂市に建設されたモデル棟には、
弊社、岩倉工場の新技術「表層圧密」を施したデッキも採用されています。
 
この表層圧密、とても理にかなっている優れものです。
 
みなさまも杉をデッキに使う場合、施行に困ったことはないでしょうか。
弊社でも赤身の飫肥杉を販売しております。飫肥杉は腐りや害虫には強いですが、育ちの早い杉の木は、層が広く、空気を多く含むため、軽く、柔らかい。肌触りの良さはありますが、それゆえに、ビスの効きが悪いことが施工の悩みです。経年劣化で、風化した際のささくれも気になってきます。
 
それを解決してくれるのが、表層圧密です。
杉の表面・裏面の表層のみが圧密されており、表層以下は、末圧縮の杉の柔らかさを残しています。
そうすることで、ビスの効きが向上、施工性が格段に上がり、経年劣化による寿命も長くなります。
硬さは、ナラより少し硬いくらいです。
ハードウッドでは、固すぎて、施工も大変ですし、夏場は直射日光を受けると、熱くてとても素足で歩けません。何より、外国材を輸入することになり、国産材の活用にもつながりません。
表層圧密のデッキなら、杉本来の空気を多く含む性質は変わっていませんから、断熱性が高く、夏場に熱々にもなりません。薬剤処理を一切しないため、環境にも人体にも安心な素材です。
国産の杉を活用し、地域資源を友好的に循環することは、地域ビルダーが担う社会課題のひとつです。ぜひ、表層圧密のデッキを活用してみてはいかがでしょうか?
 
商品について
表層圧密赤身デッキ材「Gywood」
サイズ:3,900×80×25mm  
    3,900×130×25mm
仕様 :節有、外装・外構用

この記事を書いた人 山本友起乃

«

»

GOTOMOKU BLOG カテゴリー

PAGE TOP